石見銀山工房

ステンドグラスの修復

2018年に開催しました石見銀山の街並み地区にあるなかむらホールでの展覧会をきっかけに、日本の拠点となるステンドグラス工房を開設する運びとなりました。元々はフランス在住でバイオリニストの友人の勧めがあってのご縁ですが、フランスで20年ほどに渡り行ってきましたステンドグラス留学プログラムの内容をここ石見銀山の工房で可能な範囲で実施したいと考えております。石見銀山は2007年に世界遺産登録された歴史ある場所です。素晴らしい自然や日本伝統の建築物が立ち並ぶ中、観光や見学がてら気軽に工房を訪れていただければと思います。また、引き続きステンドグラスの制作、施工などのご依頼もお待ちしております。

そのバイオリニストの友人も石見銀山にてクラシック音楽の教育に力を入れてらっしゃいます。→石見銀山国際音楽アカデミー

ダル・ド・ヴェール講習3日間

ステンドグラスの修復

ダル・ド・ヴェール(厚み2〜3pの厚板ガラス)によるステンドグラスの技法を学びます。1930年ごろに開発され、フランスでは1960年代の建造物によく見られる技法です。モザイク的なデザインと厚板ガラス特有の美しさが特徴です。この講習では、カット・整形の仕方から、ハツリの入れ方、エポキシ樹脂による仕上げまでの制作工程と技法を学びます。制作数:1点(約35p×35p)

【 2019年度実施日程 】

(1)10月12日(土)〜10月14日(月)
(2)10月25日(金)〜10月27日(日)

※詳細はダルドヴェール講習3日間募集内容をご覧下さい。

coming soon

14世紀ステンドグラス 馬の頭部